秋の味覚といえばキノコですが、私たちが良く食べる身近なキノコと言えば椎茸ではないでしょうか。椎茸は、夏の季節で低下した免疫力を回復させる栄養素が豊富な食べ物なんです。秋のこの時期にたぷり食べて免疫力を強化しましょう。ここでは、その栄養効果や栄養がしっかり摂れる食べ方を紹介します。

椎茸に含まれるビタミンDの役割

椎茸に含まれている栄養素のなかにビタミンBとビタミンDがあります。ビタミンBは疲労回復に良い働きをしてくれることは良く知られています。

ビタミンDは骨を強くする時に必要な栄養素ですが、実は、ビタミンDも疲れたときにオススメなんです。近年、色んな研究がされており、骨だけではなく、感染症、免疫力アップ、抗ガン効果などが分かってきているそうです。

ロンドン大学の研究チームが、2017年に発表した研究では、適量のビタミンDを摂取することで、風邪やインフルエンザ、気管支炎・肺炎などの発症リスクを低下させるという研究結果が報告されました。

野菜の中でも、特にキノコ類はビタミンDが多く含まれているんですが、特に多くビタミンDが含まれているのは干しシイタケです。

椎茸を干す事で、椎茸のなかにあるエルゴステロールと言う成分が日光に当たることでビタミンDに変わり、ビタミンDの量が約10倍増えるそうです。



椎茸のビタミンDを増やす方法

わざわざ干し椎茸を買わなくても、干ししいたけは簡単にできます。

スーパーや八百屋で買ってきた生の椎茸を30分~1時間天日干しするだけでビタミンDは約10倍になります。味も凝縮されるので是非やってみてくださいね。

椎茸の効果的な調理方法

椎茸などキノコには細胞壁があります。細かく刻むことで細胞壁が壊され、そこからうま味成分や栄養素が出てくるのでより摂取できます。

さらに、ビタミンDは油に溶ける脂溶性ビタミンなので、キノコを油で調理することでより吸収率がアップします。




スポンサーリンク



スポンサーリンク